ホテルミクラス公式ブログ

極上のぷりぷりしらす~田子の浦漁港で~2015年4月30日

熱海から渋滞が無ければ1時間10分位で行くことができます。

先日、日本一との評判もある、田子の浦漁協の『しらす』を食べるために富士市の田子の浦漁港に行ってきました。

013

熱海からは、東名高速道路の沼津ICより静岡方面に向かい、次の富士ICを降り、約20分。1時間10分位で行くことができました。

012

朝、出かける前に田子の浦漁業協同組合のホームページをチェックをおすすめします。

7時30分位には、その日のしらす漁があったか、またどのくらいの量があったかなど情報が出ています。海が荒れたときは、漁がありませんので、しらすを食べるこのもできません。

009

市場の中の漁港食堂でしらす丼などを食べることができます。

この日、注文したのは、生しらすと釜揚げしらすのMIX丼です。

アップでどうぞ・・・・・・

010

650円です。(味噌汁付き)

田子の浦漁協のしらすが日本一と言われるのは、一艘曳きにこだわり、漁場が港に近く、船上で氷でしめてすぐにもどるの

で、鮮度が抜群とのことです。

この日のしらすは、小ぶりでしたが、生で食べるのにもってこいでした。美味しくでおかわりもできそうでした。

直売所もありましたので、1パック550円の生しらすを購入して帰りました。夜は、お酒とほおばるように生しらすを食べました。

 

熱海温泉を基点に静岡東部の旅がおススメです。